借金話題が大幅に減少

消費者金融業者などの貸金業者に関連する法律である、貸金業法が大幅に改正されたことが大きなニュースとなりました。

改正貸金業法では、かつて存在した学生ローンなどのサービスが、全面的に禁止されたことが日本人の間でも大きな衝撃となっています。

学生ローンは、大学生や専門学校生などにかつて親しまれていたサービスではあるものの、うっかりと学生ローンを使いすぎてしまうことによって、学生生活が借金に追われることにもなりました。

そこで、国を挙げた対策の強化の一環として改正貸金業法が制定されました。

この法改正は、多くの学生にとって健全に学校生活を営むことができるようにしたものであり、実際に借金苦で苦しむ学生が大幅に減少しています。

そうしたなか、現在においても審査基準が緩く設定されている、消費者金融業者などから学生が借り入れることが問題となっています。

特に最近の消費者金融業者では、審査の際に身分証明書の確認しか行わないところも増えてきており、監視の目を掻い潜って学生が借り入れを行うことも報告されています。

そこで、インターネット上の各消費者金融業者のホームページなどでは、未成年者や学生が借り入れを行うことを禁止する文言が掲載されるようになってきました。

このような文章には、それほどの抑止力はないとされているものの、借金で苦しむ若年世代を減らすためにも積極的な啓発活動が望まれています。

今後も、学生の借金について大きな話題となるとみられています。